外壁塗装の色の選び方と注意点について知ろう! 失敗しないための基礎知識

「外壁塗装」は定期的な塗り替え・メンテナンスが必要です。
外壁塗装を行うことでより強く、キレイな外壁が保てるでしょう。
外壁塗装を行う際、気をつけてほしいのが“色選び”です。
今までとはまったく違う外壁の色にする場合、選び方のポイントがあります。
外壁の色選びは失敗する可能性が非常に高く、実際に業者とトラブルになった事例もたくさん挙がっているの注意しなければなりません。
色選びの失敗例やポイント、注意点について詳しく説明します。

目次

  1. 色選びの失敗例
  2. 色選びのポイントと注意点
  3. 依頼業者を選ぶポイント
  4. まとめ

1.色選びの失敗例

業者とのトラブルで多い「色選び」の選択ミス。サンプルを見て選んだ色と実際に施された外壁の色が違うというトラブルが続出しています。
どのような色選びの失敗例があるのか、選び方のポイントについて知る前にチェックしていきましょう。

1-1 サンプルよりも明るい色になってしまった

業者で外壁の色を選ぶ際、サンプルを見せられるでしょう。
サンプルの中から理想的な色を選んだのに、実際に仕上がった外壁を見てみるとサンプルよりも明るい色になっていた…というケースが数多く起きています。
消費者生活センターに寄せられる相談事でもこのようなパターンが非常に多いので注意してください。
サンプルよりも暗くなった事例より、明るくなった事例が多いのです。
理想の外壁の色より明るくなってしまうと家全体が軽くなり、どこか安っぽい雰囲気に仕上がるでしょう。
外壁は面積が大きい分、とても目立つ場所です。
外壁の色選びが失敗すると全体的な住宅の外観が壊れてしまうのでとくに注意しなければなりません。
後ほど、外壁の色選びのポイントについても詳しく説明するので必ずチェックしてくださいね。

1-2 周囲の景観を考慮せず、アンバランスになった

住宅の外観だけ考慮して外壁の色を選んだ結果、周囲の景観と似合わない、アンバランスな住宅になってしまった…という失敗例も少なくありません。
例えば、周囲にたくさんの植物や木々が生えているのに原色に近い色を選択すると、せっかく生えている周囲の緑が引き立てられなくなり、アンバランスになってしまいます。
住宅内だけでなく、お隣に生えている植物や木々も考慮しなければなりません。
原色に近い色は周囲の色との差が浮き出てくるためNGです。
景観が一気に崩れてしまうため、できるだけやさしい色を選びましょう。
周りの環境や景観を考慮した外壁の色を選ぶことも大切なポイントになります。
失敗しないためにもきちんと考えましょう。

1-3 汚れが目立ってしまった

外壁の色には汚れが目立つものもあります。
例えば、黒や白は汚れが非常に目立つでしょう。
外壁は常に雨風や外部のホコリにさらされている状態です。
定期的な塗り替えで強く、キレイな外壁が保ち続けられると言いましたが、色の選択によっては逆効果になるケースも考えられるので注意してくださいね。
汚れが目立つ色にするとすぐに汚れてしまい、塗り替える間隔が狭まってしまいます。そうなれば頻繁に塗り替えなければなりませんし、費用も余計にかかるでしょう。
また、鮮やかな色も変色しやすいので気をつけてください。
鮮やかな色にしたい場合は、濃い色ではなく、淡い色、落ち着いた色にするのがポイントです。

2.色選びのポイントと注意点

2-1 サンプルから選ぶ場合のポイント

失敗例が非常に多いサンプルからの色選びにはポイントがあります。
それは“彩度”と“明度”を考えた選び方です。
色の鮮やかさを示す“彩度”と明るさを示す“明度”に注目して選ぶと失敗しません。
理想的な色のまま選ぶとかなりの確率で失敗するでしょう。
サンプルから選ぶ際は、彩度と明度が理想の色よりもワンランク下の色を選ぶのがポイントになります。
つまり、サンプルで選ぶ色は実際の色よりも暗め、渋めの色だと思っておいてください。
サンプルのまま外壁が仕上がると思って選んではいけません。
できればサンプルではなく、実際に外壁に塗ったものを見せてもらった方が安心して選べるでしょう。
試し塗りをするか、または大きめのサンプルを見せてもらうかしてもらいましょう。
また、実際に外壁を塗り替えた家を見学させてもらうのもひとつの方法です。事前に業者にお願いしておけば見せてくれるかもしれません。

2-2 部分によっては色が変わらないところもある

外壁塗装をしても元の色のまま変わらない部分があります。
例えば、アルミサッシやアルミ雨戸、アルミ面格子、手すり、花台、屋根、雨どい、玄関ドア、玄関まわりのタイルなどそれらの部分の色を変えても元のままの色にしかなりません。
よって、元の色とは違う外壁に塗り替える場合、変わらない部分との色合いを考える必要があります。
この中でもとくに目立つ部分が“雨戸”と“サッシ枠”の色になるでしょう。
すべての部分の色が変えられるわけではないので注意してください。
何も知らないまま外壁の色を変えてしまうと想像とは違った外壁になってしまうので、業者に依頼する前に知識を頭の中に入れることはとても大切なことです。

3.依頼業者を選ぶポイント

3-1 外壁塗装にかかる費用の相場を知る

悪質業者が増えてきている中、優良業者と見極める力をもっておかなけえばだまされてしまいます。
高額なお金を請求し、手抜きの外壁塗装を行うのが悪質業者の特徴なので気をつけてください。
悪質業者に引っかからないためにも、外壁塗装にかかる費用の相場を知ることが1番です。
費用の相場を把握しておけば、業者が出した見積書が正しいかどうか自分で判断できるでしょう。値引きの交渉もしやすくなるので一石二鳥になります。
ただし、外壁塗装にかかる費用は市場の状況によって左右されるため、ずっと同じ値段とは限りません。
また、業者によっても見積もりが違うため、さまざまな業者の見積もりを比較しましょう。
市場状況を確認しつつ、見積書が正しいかどうか確認してくださいね。

3-2 サービス内容を比較する

外壁塗装の業者によって“サービス内容”が異なります。
さまざまなサービス内容がみられますが、アフターサービスを行っている業者が好ましいでしょう。
アフターサービスが実施されている業者であれば、塗り替えた後で不具合が生じてもすぐにかけつけてくれ、無料で対処してくれます。
色違いにミスがあってもスピーディーに対応してくれたら本当にありがたいですよね。
自分の目的に合ったサービスを見つけ、業者に依頼しましょう。
比較することでどの業者が安心して依頼できるのか判断できます。
一括見積もりサービスも利用できるのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

外壁塗装の色選びについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。
満足できる色に仕上げるためにも、色選びはとても大切です。
失敗しないための選び方を把握し、上手に外壁の色を選んでいきましょう。​

  • サンプルから選ぶ場合は“彩度”“明度”がワンランク下の色を選ぶ
  • 元のままの色になる部分もある
  • 外壁塗装にかかる費用相場を知る
  • サービス内容を比較する
  • アフターサービスを行っている業者を選ぶ

安心・信頼性のある業者を選ぶためにも、複数の業者を比較してください。
比較することでどこが自分の理想的な外壁にしてくれるのか選びやすくなりますし、悪質業者と優良業者が見分けられます。
たとえ友人や知人からすすめられた業者だとしても自分の目で確認しましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!