外壁塗装の色の選び方と注意点について知ろう! 失敗しないための基礎知識

「外壁塗装」は定期的な塗り替え・メンテナンスが必要です。
外壁塗装を行うことでより強く、キレイな外壁が保てるでしょう。
外壁塗装を行う際、気をつけてほしいのが“色選び”です。
今までとはまったく違う外壁の色にする場合、選び方のポイントがあります。
外壁の色選びは失敗する可能性が非常に高く、実際に業者とトラブルになった事例もたくさん挙がっているの注意しなければなりません。
色選びの失敗例やポイント、注意点について詳しく説明します。

目次

  1. 色選びの失敗例
  2. 色選びのポイントと注意点
  3. 依頼業者を選ぶポイント
  4. まとめ

1.色選びの失敗例

業者とのトラブルで多い「色選び」の選択ミス。サンプルを見て選んだ色と実際に施された外壁の色が違うというトラブルが続出しています。
どのような色選びの失敗例があるのか、選び方のポイントについて知る前にチェックしていきましょう。

1-1 サンプルよりも明るい色になってしまった

業者で外壁の色を選ぶ際、サンプルを見せられるでしょう。
サンプルの中から理想的な色を選んだのに、実際に仕上がった外壁を見てみるとサンプルよりも明るい色になっていた…というケースが数多く起きています。
消費者生活センターに寄せられる相談事でもこのようなパターンが非常に多いので注意してください。
サンプルよりも暗くなった事例より、明るくなった事例が多いのです。
理想の外壁の色より明るくなってしまうと家全体が軽くなり、どこか安っぽい雰囲気に仕上がるでしょう。
外壁は面積が大きい分、とても目立つ場所です。
外壁の色選びが失敗すると全体的な住宅の外観が壊れてしまうのでとくに注意しなければなりません。
後ほど、外壁の色選びのポイントについても詳しく説明するので必ずチェックしてくださいね。

1-2 周囲の景観を考慮せず、アンバランスになった

住宅の外観だけ考慮して外壁の色を選んだ結果、周囲の景観と似合わない、アンバランスな住宅になってしまった…という失敗例も少なくありません。
例えば、周囲にたくさんの植物や木々が生えているのに原色に近い色を選択すると、せっかく生えている周囲の緑が引き立てられなくなり、アンバランスになってしまいます。
住宅内だけでなく、お隣に生えている植物や木々も考慮しなければなりません。
原色に近い色は周囲の色との差が浮き出てくるためNGです。
景観が一気に崩れてしまうため、できるだけやさしい色を選びましょう。
周りの環境や景観を考慮した外壁の色を選ぶことも大切なポイントになります。
失敗しないためにもきちんと考えましょう。

1-3 汚れが目立ってしまった

外壁の色には汚れが目立つものもあります。
例えば、黒や白は汚れが非常に目立つでしょう。
外壁は常に雨風や外部のホコリにさらされている状態です。
定期的な塗り替えで強く、キレイな外壁が保ち続けられると言いましたが、色の選択によっては逆効果になるケースも考えられるので注意してくださいね。
汚れが目立つ色にするとすぐに汚れてしまい、塗り替える間隔が狭まってしまいます。そうなれば頻繁に塗り替えなければなりませんし、費用も余計にかかるでしょう。
また、鮮やかな色も変色しやすいので気をつけてください。
鮮やかな色にしたい場合は、濃い色ではなく、淡い色、落ち着いた色にするのがポイントです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!