外壁の塗り替え時期の目安はあるの?注目すべきはここ!!

外壁は家を雨風から守ってくれる大切なものです。
その外壁を補強してくれるのがそこに塗られた塗料。
実は外壁の防水効果や断熱効果は塗料の力が大きいのです。
でも、塗料定期的には塗り替えが必要なもの。
そこで今回は、外壁に使われている塗料の耐用年数や、塗り替えの時期についてご紹介します。
塗り替えをするにあたっては、おすめの季節はあるのでしょうか?
外壁の塗り替えを検討しているという方や、外壁の塗り替え時期を知りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 塗料の役割とは?
  2. 外壁の塗料の寿命はどのくらい?
  3. 自分で外壁を塗りなおすことはできるの?
  4. 外壁の塗り替えにおすすめの季節とは?
  5. 業者を選ぶ際の注意点とは?

1.塗料の役割とは?

この項では、外壁に塗られている塗料の役割についてご紹介します。
外壁の塗料は家の外観を大きく左右するものですが、それだけではありませんよ。

1-1.防水効果

実は外壁そのものの防水効果というのは、それほど高くはありません。
塗料を塗ってはじめて台風並みの雨でもしっかり防いでくれるようになるのです。
ですから、塗料が劣化して効力が失われれば、雨水が壁の内部にまで浸みこんできて雨漏りやカビの原因になります。
雨漏りというと天井からするものというイメージがありますが、壁からしみだすように雨漏りがするケースも少なくありません。

1-2.断熱効果

塗料の中には断熱効果が高いものもあり、外気温が室内に伝わるのを防いでくれます。
断熱材がそれほど入っていないのに暖かい家というのは、塗料の働きが大きいのでしょう。
ですから、「最近家の中と外の気温があまり変わらないようになったな」と思ったら、塗料が劣化している証です。
塗り直しを検討してください。

1-3.保護効果

塗料は劣化や湿気から外壁を守ってくれています。
ですから、塗料が劣化してくるとカビやコケが生えたり、ひび割れが生じたりします。
また、チョーキングといって手で壁を撫でると白い粉が付くのは塗料が劣化している証拠です。
できるだけ早く塗り替えを検討してください。
ぐずぐずしていると壁自体が劣化して修理が必要になり、余計なお金と時間がかかるかもしれません。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!