外壁の塗り替え時期の目安はあるの?注目すべきはここ!!

外壁は家を雨風から守ってくれる大切なものです。
その外壁を補強してくれるのがそこに塗られた塗料。
実は外壁の防水効果や断熱効果は塗料の力が大きいのです。
でも、塗料定期的には塗り替えが必要なもの。
そこで今回は、外壁に使われている塗料の耐用年数や、塗り替えの時期についてご紹介します。
塗り替えをするにあたっては、おすめの季節はあるのでしょうか?
外壁の塗り替えを検討しているという方や、外壁の塗り替え時期を知りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 塗料の役割とは?
  2. 外壁の塗料の寿命はどのくらい?
  3. 自分で外壁を塗りなおすことはできるの?
  4. 外壁の塗り替えにおすすめの季節とは?
  5. 業者を選ぶ際の注意点とは?

1.塗料の役割とは?

この項では、外壁に塗られている塗料の役割についてご紹介します。
外壁の塗料は家の外観を大きく左右するものですが、それだけではありませんよ。

1-1.防水効果

実は外壁そのものの防水効果というのは、それほど高くはありません。
塗料を塗ってはじめて台風並みの雨でもしっかり防いでくれるようになるのです。
ですから、塗料が劣化して効力が失われれば、雨水が壁の内部にまで浸みこんできて雨漏りやカビの原因になります。
雨漏りというと天井からするものというイメージがありますが、壁からしみだすように雨漏りがするケースも少なくありません。

1-2.断熱効果

塗料の中には断熱効果が高いものもあり、外気温が室内に伝わるのを防いでくれます。
断熱材がそれほど入っていないのに暖かい家というのは、塗料の働きが大きいのでしょう。
ですから、「最近家の中と外の気温があまり変わらないようになったな」と思ったら、塗料が劣化している証です。
塗り直しを検討してください。

1-3.保護効果

塗料は劣化や湿気から外壁を守ってくれています。
ですから、塗料が劣化してくるとカビやコケが生えたり、ひび割れが生じたりします。
また、チョーキングといって手で壁を撫でると白い粉が付くのは塗料が劣化している証拠です。
できるだけ早く塗り替えを検討してください。
ぐずぐずしていると壁自体が劣化して修理が必要になり、余計なお金と時間がかかるかもしれません。

2.外壁の塗料の寿命はどのくらい?

外壁の塗料には、

  • アクリル塗料
  • ウレタン塗料
  • シリコン塗料
  • フッ素塗料

が主に使われています。
下に行くほど耐水性や断熱効果が高い反面、高価です。
また、フッ素塗料はこの中で一番防水性や断熱性が高い上に、防寒性もありますが、アクリル塗料の倍以上の値段がするため、主に高層ビルや商業施設の外壁に使われています。
また、一般住宅でも屋根の塗料として使用されることが多いです。
一昔前までは一般住宅の外壁に使われている塗料は、アクリル塗料が一般的でした。
しかし、アクリル塗料は安価な反面、耐用年数が8年前後しかなく、防水効果や断熱効果も薄いです。
その後、技術が進歩するにつれて、外壁に使われる塗料はウレタン塗料やシリコン塗料が主流になりました。
これらの耐用年数は平均して10年~15年といわれています。
しかし、台風などの災害に頻繁にあったり、業者の塗り方が今ひとつだった場合は、もっと短くなる可能性もあるでしょう。
何もなくても、10年を過ぎたら一度業者に外壁の点検をしてもらうと、塗り替えの時期が分かるかもしれません。
また、前述したようにカビやコケが生えたり、チョーキングが起こったら、できるだけ早く業者に点検に来てもらいましょう。

3.自分で外壁を塗りなおすことはできるの?

最近はDIYをする方も増え、ホームセンターに売っている塗料も豊富になりました。
「壁は平面だし、自分で塗れば塗料代だけで済む」と考えている方もいるでしょう。
しかし、外壁の塗り直しは、素人がすぐにできるほど簡単なものではありません。
外壁を塗りなおす手順は

  • 外壁の点検・足場を組む
  • 汚れの洗浄・傷んだ部分を補修
  • 塗料を塗る

です。ただ単に古い塗料の上から新しい塗料を塗っても、あっという間にはがれ落ちてしまうでしょう。
さらに、ウレタン塗料やシリコン塗料が防水効果や断熱効果を発揮するには、一定の厚さで塗る必要があります。
アクリル塗料に比べてウレタン塗料やシリコン塗料は扱いが難しく、メーカーが業者向けに塗布講習会を開いているほどです。
ですから、素人が無理をしても余計な時間とお金がかかるだけ、という場合も多いでしょう。
ただし、壁がひび割れてしまった場合や壁の一部だけ塗料がはがれてしまった場合は、応急処置として塗布することは可能です。
その場合は、塗料の説明書きをよく読んで、まわりを養生してから塗ってください。
しかしあくまでもこれは応急処置にすぎません。できるだけ早く業者に修理を依頼しましょう。

4.外壁の塗り替えにおすすめの季節とは?

業者に依頼すれば、どの季節にも外壁は塗り替えられます。
しかし、基本的に雨の日は作業ができませんので、梅雨時や秋の長雨の季節は避けたほうが無難でしょう。
また、地域によっては冬になると雪が積もって外壁の塗り替えができないというところもあります。
ですから、春や長雨の時期以外の秋が、外壁の塗り替えにはよい季節でしょう。
夏は塗料が早く乾くというメリットがありますが、暑すぎると職人が作業できる時間が短くなり、効率が落ちます。
ただし、塗り替えに良い季節は、業者に依頼をする人も増えるでしょう。
この時期にぜひやって欲しいという場合は、早めに依頼をしてください。
人気のある所だと、半年前から予約でびっしりという業者もあります。
特に外壁にひび割れや塗料の剥がれが見られるお宅は急いでください。

5.業者を選ぶ際の注意点とは?

業者の善し悪しはなかなか素人には見分けがつきにくいです。
しかし、見積もりがいい加減な業者はおすすめできません。優良な業者ならば、足場代や塗料代など項目別に金額を出してくれます。
すべてをいっしょにして「大体このくらいですかね」と出してくる業者は、あとでトラブルになりやすいでしょう。
また、優良な業者は事前の調査もしっかり行います。
家の周囲をぐるっと見て回っただけで「大体わかりました」などといういい加減な業者は依頼をしないほうがよいでしょう。
また、明確な理由もなく異様に工賃が安い業者には依頼しないほうが無難です。
なお、いきなり「お宅の外壁は傷んでいる」などといって飛び込み営業をかけてくる業者は、詐欺まがいのことが多いでしょう。
玄関を開けずに対応してください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は外壁の塗り替え時期のめやすや、塗り替えにおすすめの季節などをご紹介しました。
まとめると

  • 外壁の塗料の寿命は種類にもよるが、8年~15年である
  • 外壁にカビやコケが生えてきたら塗り替えの時期
  • 素人が外壁を完璧に塗りなおすのはとても難しい
  • 外壁の塗り直しに良い時期は春か秋、依頼は早めする

ということです。
外壁の塗り直しは、どのような家にも必要でしょう。
ですからいい加減な業者がなかなか淘汰されにくいのです。
「業者の選び方なんてこっちは素人なんだからよくわからない」という意見もあると思います。
しかし、施主の疑問にろくに応えず「いいから任せておけ」という業者は信頼できません。
また、正確な値段を告げず、やたらと「安くします」「キャンペーン中ですからお得です」という業者にも依頼をしないほうが良いでしょう。
優良な業者は、思い切った値引きもできないかわりに、施主の疑問には丁寧に応えてくれるはずです。
また、施工したお宅が見学できるのなら、見にいくのもよいでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!