ビルの改修工事をしよう! 業者選びで重要な5つのポイントとは?

私たち人間が歳を重ねて『老化』するように、頑丈なコンクリートで作られたビルも年を重ねることで『劣化』します。何もせずただ見ているだけでは、いずれ重大な事故を引き起こすかもしれません。

韓国では数年前に百貨店が崩れ、多くの人が亡くなりました。これは劣化というよりは設計の問題による事故でしたが、オーナーが適切な処置をしなかったがために起きた事故でもあります。

重大な事故を起こせば多額の賠償金などが必要となりますし、何より自分も他人もみんな不幸にしてしまいますよね。ですから、ビルの改修・メンテナンスというのはとても大事なのです。

そこで今回は、ビルの改修工事の方法を中心にご紹介していきたいと思います。

目次

  • 改修工事ってどんなことをするの?
  • ビル工事のタイミングはいつ?
  • 業者を選ぶ際の確認ポイント

改修工事ってどんなことをするの?

1.施設の改修

 内装や外装、非常階段などの建物に直接関係する場所を改修する工事で、改修工事と言えば一般的にこれを指します。主に行われるのは外装で、外壁のヒビの補修・塗装、屋外非常階段のさび取り・再塗装などが行われます。

外壁の状態はビルの寿命に直結しますから、この施設改修を適切に行うことがビルをより長持ちさせるために一番重要です。また、屋外非常階段は火災などの緊急時に重要な役割を担うため、安全面という意味でも重要な工事と言えます。

2.設備の改修

電力配線や通信配線などの電気設備や、冷暖房機械やエレベーターなどの機械設備など、ビル内の設備に関連する改修工事です。

ほとんどの設備がビル内にあるため不具合を起こす確率があまり高くないので、あまり行われない工事です。とはいえ、ネズミなどの被害によって漏電が起こり、火事になることがあるので定期的なメンテナンスをする必要があります。

改修工事の必要性

冬の冷たい雨でぬらされ、夏の強い日差しで乾燥する状態を何年も続ければ、丈夫なコンクリートでできたビルも劣化し、外壁にはヒビが入ります。ヒビのすき間から雨水が浸入して内部の鉄骨にまで到達すれば、サビが生じてビル全体の強度を落とすでしょう。浸食がひどくなり、壁が剥がれ落ちるなどすれば、大きな事故につながる可能性もあります。最悪、罪に問われることもあるでしょう。

適切なタイミングの適切な改修は、ビルの耐久性や価値を高めるだけでなく、未来に対する安全や安心も作り出しているのです。改修工事は必ず定期的に行いましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!