マンションの修繕工事はどこに頼む? マンションの修繕計画を立てよう!

修繕工事はマンションの寿命を延ばすために必要なメンテナンスであり、しっかりとした“修繕計画”を作り、適切なタイミングで施工することが大切です。

マンション大規模修繕工事を計画する場合には、“修繕工事はどのような工事がおこなわれるのか?”“どのような方法で依頼すできるのか?”ということを知る必要があります。

マンションの修繕工事を頼みたいというマンションオーナーのために、修繕工事の頼み方の方法とポイントについてご紹介します。

1. マンション修繕工事の必要性

1-1.マンション修繕工事とは?

マンションの大規模修繕工事は(財)マンション管理センターの「長期修繕計画作成と見直しの手引き」で“建築系”“機械設備系”“電気設備系”“外構土木系”の4項目に分類されています。

大規模修繕工事の項目別の特徴についてご紹介しましょう。

建設系

外壁や屋根、廊下などの修繕工事を建設系と分類しています。

建設系修繕工事は、劣化してしまった防水機能を修繕する目的や、サビや劣化によって傷んでしまった鉄骨階段などの外的塗装が中心です。

一般的に修繕工事というとこの建設系を指すことが多く、修繕工事の中でも最も頻度の高い工事という特徴があります。

外壁塗装は、外観は当然ながら防水などの耐久性にかかわる箇所であるため、しっかりと修繕計画を立てることがマンションを長持ちさせる秘訣といえるでしょう。

外壁塗装などの修繕工事は10~12年周期でおこなうのが一般的です。

機械設備系

給排水設備やガス設備、エレベーターなどライフラインにかかわる設備です。

マンションの設備の中では耐久性が高く、受水槽や排水ポンプなど個別に交換できるものが多いという特徴があります。

機械系設備の修繕は20~25年が目安です。

電気設備系

テレビアンテナやケーブル、受電盤・配電盤などの電気系統に関係する設備です。

共有灯などを除いてはあまり修繕の必要がないという特徴があります。

受電盤・配電盤に関しては電力会社の定期点検を受け、問題があれば交換が必要です。

建設系以外の修繕工事は、不具合があった場合に個別におこなわれるので大規模修繕をおこなうことはあまりありません。

大規模修繕工事というは主に外壁や屋根、廊下などの修繕工事を意味しています。

1-2.修繕工事と大規模修繕工事の違いとは?

マンションの修繕には“修繕工事”と“大規模修繕工事”があります。

このうち、マンション修繕工事というと大規模修繕工事を指すというのが一般的です。

では、修繕工事と大規模修繕工事は何が違うのでしょうか?

マンション大規模修繕は、“大規模”というようにマンション全体の修繕をおこなうことを指しています。

傷んだ部分だけを修復する修繕工事とは異なり、マンション全体の外壁に対して修繕をおこなうというのが大規模修繕の特徴です。

大規模修繕は施工面積も広く、施工費用も大きな負担になってしまうので修繕計画を立てることが大切になります。

1-3.マンションの修繕工事は付加価値を高める

マンションの修繕工事は、外観や機能的な快適性が向上するという理由から、マンションの付加価値を高めることができます。

建物全体の強度や耐久性に加えて付加価値を高めることのできる修繕工事には、しっかりとした計画を立て適切な工事を行うことが大切です。

修繕工事の詳細を知り、マンションに適切な工事を選ぶことは、修繕計画において最も大切な心がけということを覚えておきましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!