素敵な建物を維持しよう! 素材・種類別の外壁メンテナンス方法

家を建てるときに、外壁は重要視しますよね。家をパッと見たときに、どんな雰囲気の家なのかをイメージするでしょう。外壁がその家の第一印象です。

でも、外壁の素材についてくわしく知っていますか?建てるときは見た目だけで決めたけれど、どんなメンテナンスがどれぐらいの周期で必要なのか、知らないままではないでしょうか。劣化がひどくなって手遅れになる前に、メンテナンスが実施できるようにしましょう。

そのためには、外壁のメンテナンスについて、もっとくわしく知ってほしいと思います。今回は、外壁のメンテナンスが必要な理由から、メンテナンスの方法、サイクル、業者の選び方までご紹介します。

1.外壁のメンテナンスが必要な理由

1-1.見た目が悪くなる

外壁のメンテナンスが必要な理由として、一番に考えられるのは見た目です。新築のときは、工事のミス以外で外壁に劣化している部分はありません。とってもキレイな状態です。しかし、年数がたってくると、特に何もしていなくても自然と劣化してしまいます。はがれる、汚れる、色が変わるなど、問題が出てくるでしょう。

外壁は家の見た目、全てを決めます。どれほど立派な家でも、外壁の劣化が発生するだけで、一気に見た目が悪くなってしまいます。

1-2.外壁の内部が劣化する

外壁は表面だけではなく、内部までいい状態を維持する必要があります。外壁の表面が劣化してきたと感じる段階でメンテナンスをするといいのですが、特に目立った問題も発生していないし、お金もかかるからそのままにしておこう…と思っていると、簡単なメンテナンスでは済まないぐらいに外壁が劣化してしまいます。

外壁の表面に問題が起きると、だんだんと割れ・はがれから水分がしみこんでいき、外壁そのものが湿気を含みます。その湿気がだんだんと外壁を腐らせていくのでダメージが広がっていくでしょう。

1-3.一生そのままでいい外壁はない

新築で家を建てる際に、外壁をどんなものにしようか考えると思います。こまめにメンテナンスをするのは面倒だしお金もかかるから、メンテナンスをしなくてもいい外壁にしたい、と思う人はたくさんいます。確かに一生メンテナンスをしなくてもキレイな状態が保てる外壁があればいいですよね。

でも、現実はそういうわけにいきません。一生メンテナンスをせずにそのままでいい外壁は存在しません。家を維持する上で、外壁のメンテナンスは絶対にしなくてはならないことだと思ってください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!