屋根塗装で知っておきたい基礎知識~塗料の種類と選び方~

屋根の塗装がはがれていたり、外観が古くみすぼらしい感じになってはいないでしょうか。
もし気になるのであればすぐに塗り替えることをオススメします。
屋根も外壁と同じく、常に外の空気や雨風にさらされている部分です。定期的に塗り替えをしていかなければ屋根の強度が弱くなってしまうでしょう。
屋根の塗装に使われる塗料の種類や特徴、塗装工事を依頼する業者の選び方、リフォームのポイントについてみていきたいと思います。
屋根塗装を考えている方は要チェックです。

目次

  1. 屋根材の種類について
  2. 屋根塗装の種類と特徴について
  3. 業者に依頼する際の注意点

1.屋根材の種類について

屋根塗装を考えている人は必ず種類について把握しておきましょう。
どのような種類があるのか把握したうえで適切なものを選ばなければなりません。
すてきな屋根に仕上げるためにも大切なことです。
屋根に使われている素材によって変わってくるため、自分の家には何が使われているのか確認しておきましょう。

1-1 1番使われている“スレート瓦”

屋根に使われる素材として欠かせないのが“スレート瓦(がわら)”です。
スレート瓦は日本の家の屋根として使われることが多く、耐用年数はおよそ10~50年となっています。
瓦と聞くととても重たい…というイメージがありますがスレート瓦は「軽さ」が特徴的です。軽いにもかかわらず耐用年数が多い強度のある瓦となっているため、地震が頻繁に起きる日本で多く使われているのでしょう。
スレート瓦の塗装仕様は弱溶剤ウレタン・シリコン、水性シリコンです。
屋根の素材によって塗り替え時に必要な塗装がどれになるのか変わってくるため必ず確認しておきましょう。
ただし、スレート瓦にはあるデメリットがあります。
それは、「アスベスト問題」です。アスベストを含んでいるスレート瓦は人体に危険を及ぼす恐れがあるので注意してください。

1-2 “金属・非鉄金属系”の特徴

金属・非鉄金属系の屋根を使う家も増えてきました。
この屋根材にはさまざまな種類があり、それぞれ耐用年数も変わってきます。
例えば、トタンは5年~20年、ステンレスは20年~50年、銅板は20年~100年です。
耐用年数が長ければ長いほどメンテナンスも楽になるので選ぶ人が増えてきています。
最近では、比較的安い値段で手に入れられるアルミニウム合金を選ぶ人が多く、屋根材として利用しています。
金属・非鉄金属系の屋根材には主に合成樹脂、アクリル、ウレタンといった塗装が使われているので塗り替えの際はぜひチェックしてください。

1-3 神社・お寺で利用されている“陶器瓦”

一般の家ではあまり使われなくなりましたが、主に神社やお寺の屋根にみられるのが“陶器瓦(とうきがわら)”です。
陶器瓦でも素焼きと表面に釉薬(ゆうやく)が使われている釉薬瓦の2種類があります。
素焼きは耐用年数が10年~60年となっていますが、釉薬瓦はなんと100年以上も長持ちすると言われています。
ただし、陶器瓦は非常に重たい素材なので軽量化が優遇されつつある日本ではあまり使われていません。
また、釉薬瓦は塗装が難しいと言われており、塗り替えができるのは釉薬が使われていない素焼きのみとなっています。

2.屋根塗装の種類と特徴について

2-1 屋根に使われる塗料の種類

屋根にはどのような塗料が使われるのか気になっている人も多いでしょう。
主に使われる塗料としては以下の4種類が挙げられます。

・アクリル系
・ウレタン系
・シリコン系
・フッ素系

「アクリル系」はこの中でも耐用年数が少なく、およそ5年~8年となっており、比較的安い値段で手に入れられます。耐用年数が少ない分、費用を抑えられるので人気がある塗料です。
純粋なアクリルだけ使われているアクリル塗料とシリコンが含まれているシリコンアクリル塗料の2種類に分けられますが多く使われているのはシリコンアクリル塗料です。
「ウレタン系」は耐用年数がおよそ8年~10年、いろいろな屋根材に利用でき、密着性・防水性・耐候性に非常に優れています。
「シリコン系」の耐用年数は8年~15年で、耐久性・安定性・光沢性に優れており、4種類の中でもよく使われている塗料ではないのでしょうか。
「フッ素系」は耐用年数は15年~20年と非常に長いですが、価格が高いデメリットがあります。

2-2 塗り替え時期の目安は?

一般的に屋根に使われている塗料の耐用年数によって塗り替え時期が決められます。
よって、ベストな塗り替え時期が知りたいならば屋根に使われている塗料を把握しておかなければなりません。どのような塗料が使われているのかによって塗り替え時期も変わってくるでしょう。
大まかな目安としては7年~10年と考えてください。
その頻度で屋根の塗り替えをおこなっていくと低コストで塗り替えができますし、キレイで丈夫な屋根を保ち続けられます。

2-3 塗料を選ぶポイントについて

屋根の塗料を選ぶポイントは人によってさまざまです。
コストを考えて選ぶ人もいれば、耐用年数や特徴に注目して選ぶ人もいるでしょう。
そこで、塗料を選ぶポイントについて具体的に4つ挙げていきたいと思います。
どれを選べばよいのかわからない人はぜひチェックしてください。

  • コストパフォーマンス
  • 塗料の特徴
  • 素材に適しているかどうか
  • 仕上がり

塗料を選ぶ際は以上の4点に注目して選ぶとよいでしょう。
価格が低くても耐用年数が短ければ塗り替えをこまめにしなければなりませんし、価格が高いと費用がかかります。
よって、コストパフォーマンスが優れているものがよいです。
また、塗料の種類によって耐候性や光沢性、防水性が変わり、屋根に使われている素材によって適切かどうか業者と確認することも大切です。
できれば実際に塗料が使われた例を自分の目で見た方が仕上がりがわかりやすいです。

3.業者に依頼する際の注意点

3-1 実績がある業者を選ぶ

屋根塗装を依頼する業者を選ぶ際、「実績がある」業者を選ぶのがポイントです。
屋根塗装、屋根リフォームの実績がなければ安心して依頼できませんし、手抜き工事になってしまうでしょう。
失敗しないためにも屋根塗装の実績があるかどうか、また、所在地が確認できるかどうかも大きなポイントです。
住所がきちんとホームページに記載されていても実際にある住所かどうか確認しておきましょう。そのためにインターネットで口コミや評判をチェックすることも大切です。
本当に信頼できる業者に依頼したいですよね。

3-2 見積書や工程を確認する

本当に信頼できる業者というのは、依頼主の意見も取り入れながらどれが1番適している塗料になるのかアドバイスをしてくれる業者です。
必ずしもすべての意見を取り入れてくれたからよい業者とは限りません。
しっかり耳をかたむけ、アドバイスをしてくれるかどうかも確認するとよいでしょう。
この塗料を使えばどのような仕上がりになるのか、工程や見積書もしっかり確認してください。
なぜこのような値段になったのかきちんと説明してくれる業者は安心です。
業者に依頼するときはそのような確認も忘れずに納得したうえで依頼しましょう。

まとめ

屋根塗装の種類や特徴、塗装工事やリフォームの注意点についてみてきました。
最後にもう一度確認していきたいと思います。
屋根塗装で失敗しないためにも身につけておきたい知識となっているので必ず確認しておきましょう。

  • 「スレート瓦」「金属・非鉄金属系」「陶器瓦」の屋根材がある
  • 屋根材の種類によって適切な塗料が変わる
  • 「ウレタン系」「アクリル系」「シリコン系」「フッ素系」と塗料は4種類ある
  • 塗り替えの時期はおよそ7年~10年
  • 塗料を選ぶポイントは4つ
  • 実績がある業者を選ぶ
  • 依頼する前に見積書や工程を確認する

屋根塗装を考えている人は以上の7点については必ず頭の中に入れておいてくださいね。
そうすれば満足のいく塗り替えができるでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!