快適な家作りの基本! 外壁断熱リフォームの効果と業者選びの方法

家のリフォームには、見た目をよくするもの、生活の質を向上させるものなど、いろいろなリフォームがあります。その中で、見た目もよくして生活の質も同時に向上させるリフォームとしてオススメなのが、外壁断熱リフォームです。

外壁断熱は安心して快適に暮らすためには必要なリフォームなので、外壁や内壁のリフォームを考えたときに同時におこなえるので、ぜひ検討して欲しいと思います。

温度差がなくなるだけで得られる健康、外壁断熱リフォームで手に入れましょう。

今回は外壁断熱リフォームの効果や必要性、リフォームの種類や業者に依頼する際の注意点をご紹介します。

1.外壁の断熱リフォームの効果

1-1.暖房、冷房機器を使用する電気代が節約できる

夏場の冷房、冬場の暖房の使用は、電気代がかかります。最近は省エネで電気代が節約できるようになりましたが、それでも使用するかしないかでは、大きく電気代が変わります。冷房は湿気をとるのをかねて6月ぐらいから9月ぐらいまで使用しますし、暖房も10月から3月ぐらいまで使用します。1年の大半で使用していることになるでしょう。

外壁の断熱リフォームをすることによって、過度な冷房、暖房の使用をしなくてよくなるので、電気代が大きく節約できます。これが断熱リフォームの大きな効果の1つです。

1-2.家全体が一定の温度となり快適

冷房や暖房を使用している室内でも、部屋を出た廊下やトイレ、お風呂はどうでしょうか。夏は暑いですし、冬は寒いです。温度差が激しいと身体に負担がかかるので、体調不良の原因になります。

高齢者はヒートショックが怖いですね。温度差で心臓がビックリしてしまい、心筋梗塞を引き起こすこともあります。温度が一定に近づけば、身体にかかる負担も少なくて済むでしょう。

1-3.防音性が高まる

生活音というのは、気をつけていても意外と周囲に迷惑をかけていることがあります。自分にとっては当たり前のことでも、人からは騒音なのです。

外壁断熱リフォームは防音性も高めてくれて一石二鳥のリフォームとなります。ただ、メインは断熱なので、どれぐらいの防音性が必要かによって追加工事をしなくてはいけないかもしれません。断熱リフォームをおこなう際に、業者へ相談してみてください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!