マンションの修繕工事はどのように行われるの?

都市部では一戸建てよりマンションのほうが需要があります。
賃貸にしろ分譲にしろ、たくさんのマンションが建っていますね。
しかし、マンションも年月とともに劣化していきます。
そこで必要になるのが修繕工事です。今回はマンションの修繕工事や補修工事についていろいろとご紹介しましょう。
昔は10年一律に修繕計画を立て、実行してきたマンションが多いのですが、今は建築資材の進歩などにより、修繕計画にも幅が出てきています。
その分業者選びも大切になってくるでしょう。
マンション修繕工事や補修工事の時期や方法を知りたいという方や、修繕工事を行ってくれる業者を探しているという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. マンションの修繕工事とは?
  2. マンションの修繕工事を行うタイミングとは?
  3. 工事業者の選び方の注意点とは?

1.マンションの修繕工事とは?

この項では、マンションの修繕工事の内容についてご紹介します。
いったいどのようなことをするのでしょうか?

マンションは日々劣化していく

マンションは建てたその日から劣化が始まります。
これはすべての建物にも言えることでしょう。
一戸建てならば家主の判断で修繕工事を行うことができますが、賃貸マンションならばオーナーが定期的に建物を見回って工事をするかどうかを決める必要があります。
また、分譲マンションならば大規模修繕工事は住民の意向を理事会で決定しなければならないでしょう。
ちなみにマンションでは共有廊下の電灯をかえたり、手すりなどのさびを落としたりするちょっとした工事を補修工事、共有の部分の不具合を治すことを改修工事、マンションの外壁などを塗りなおすことを修繕工事と呼び分けることが多いようです。

修繕工事とはどのようなことをするの?

マンションの修繕工事とは、主に外壁の劣化の補修や塗装の塗り直し工事を指します。
当然マンションの規模が大きくなるにつれて、工事も大掛かりになっていくでしょう。
また、分譲マンションの場合は事前に建設会社が「修繕計画」をたててそれに沿って行われることも多いです。
しかし、環境条件によってはもっと頻繁な修理が必要になったり、逆に工事と工事の期間が長くなる場合もあります。

修繕工事を行う業者とは?

全国にマンションを展開しているような大規模な会社の場合は、自社で修繕工事を行う業者を抱えているところもあります。
しかしマンションを作った会社が倒産してしまい、現在は管理会社だけがあるという場合や、小さなマンションを自分で経営しているというような場合は、管理組合やオーナーが修繕工事を行ってくれる業者を探さなければならないこともあります。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!