外壁が原因で雨漏りをする場合があるって本当?

雨漏りというと、屋根からというイメージが強いですが、実は外壁からも雨漏りがする場合があるのです。
それはいったいなぜでしょうか?
そこで今回は、外壁から雨漏りがする原因や、その対処法などをご紹介します。
外壁からの雨漏りというのは、部位が特定しにくいことも多く、修理が遅れると家全体にダメージを受ける場合があります。
雨漏りが起こる前に対処することが大切です。
雨漏りしているようだが場所が特定できないという方や、外壁から雨漏りがする原因を知りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 外壁から雨漏りがする場合とは?
  2. 外壁からの雨漏りを防ぐためには?
  3. 外壁から雨漏りがしている可能性がある場合は?
  4. 業者を選ぶ際の注意点とは?

1 外壁から雨漏りがする場合とは?

この項では、外壁から雨漏りする場合の代表例をご紹介していきます。
外壁から雨漏りするなんて欠陥住宅では?と思うかもしれませんが、条件によってはどの家でも外壁から雨漏りする可能性があるのです。

台風などの自然災害

強い台風が来ると、雨と風が同時にふきつけてきます。通常、屋根や外壁というのは雨が上から降ることを想定して防水されています。
ですが、雨風が同時に長時間吹き付けると、外壁のと屋根の境目から浸水する可能性があるのです。
これは一種の事故のようなものですから、万が一強い台風のときに急に雨漏りしだしたら、外壁と屋根の境目などから雨漏りしているのでは?と思いましょう。
このような雨漏りは火災保険の対象になる場合もあります。詳しくは加入されている保険をご覧ください。

外壁材の劣化

外壁はサイディングやレンガ、さらに塗装などで防水されています。
この外壁材が劣化すれば、防水効果が低下し、雨漏りしやすくなります。
外壁材というのは、定期的なメンテナンスが必要なため、それを怠ると雨漏りが起こりやすくなるでしょう。
特に一昔前は主流であったモルタルの壁に防水塗料を吹き付けた壁は、10年ほどで劣化してしまうので注意が必要です。

壁自体の損傷

いくら外壁材がしっかりしていても、壁自体が損傷してしまっては雨漏りが起こりやすくなります。
特にサイディングの隙間を埋めているシーリングが劣化した場合はそこから雨水が流れ込み、壁自体を傷めるかもしれません。
また、塗装を吹き付けた壁も、壁自体にひびが入ったりしてしまえば、いくら塗装を塗りなおしても同じことです。
壁自体が損傷したことが原因の雨漏りの場合は、家自体が傷んでいることも多く、修理には時間と費用がかかる可能性が高いです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!