外壁のリフォームの方法とは? 時期の目安や工法についてご紹介します。

家の外壁は年月とともに傷んでくるもの。築年数が経つとリフォームを考えるようになるでしょう。
しかしどの業者にどんな方法でリフォームを依頼したらよいか悩んでいる方も多いと思います。
そこで今回は、外壁リフォームの方法や行う時期の目安、業者の選び方についてご紹介しましょう。
外壁は家の見栄えをよくするだけのものではありません。
外壁のお手入れを怠っていると、家自体の寿命が短くなってしまうかもしれないのです。
最近家の外壁が傷んできた、という方や外壁のリフォームを考えているという方はぜひ読んでみてくださいね。

1 外壁リフォームが必要な理由とは?

「家の外壁が汚れてきたけれど、ある程度は仕方がないか」と思っている人もいるでしょう。
しかし、外壁は定期的なお手入れが必須。
怠ると家自体が傷んでしまうかもしれません。
この項では、外壁のリフォームが必要な理由をご紹介しましょう。

外壁は家を守る砦

外壁は家を守る砦のようなものです。外壁が傷めば見栄えが悪くなるだけではありません。
結露がおこったり、断熱効果が低くなったり、家が住みにくくなってしまうこともあるのです。
また、外壁の傷みはまず塗装から起こることが多いのですが、外壁塗装がはがれてしまうと家の防水効果が下がり、外壁自体が傷んでしまいます。つまり外壁塗装が傷んだな、と思ったらすぐにリフォームを行わないと、費用や時間がかかるリフォームを行わなくてはなりません。

外壁が傷めば雨漏りがする?

雨漏り、というと屋根からするものといイメージがありますが、外壁が傷んでも雨漏りがします。
外壁塗装がはがれていたり、外壁にひびが入っていたり、外壁のつなぎ目を埋めるシーリングが傷んでいると雨漏りがしやすいでしやすくなります。特に、屋根と外壁の境目から雨水が流れ込むことが多いようです。
外壁からしみこんだ雨水が部屋の中にまでしみだしてくると、外壁はかなり傷んでいる可能性が高いです。

事故の可能性も

外壁の中には部分的にタイル張りにしている、というお宅もあるでしょう。
外壁の劣化が進めば外壁のタイルが落下することもあります。
タイルは陶器などでできていますから、ものによっては重量があるものもあるでしょう。
高いところからタイルが落下し、それが頭に当たったりすれば大事故になる可能性もあります。
特に家が道路に面していて外をたくさんの人が通る、というお宅は気をつけましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!