外壁に防水対策は必須!? 防水の種類や方法を紹介

防水『防水対策』というと、スマートフォンなどの電子機器や衣服に施すイメージがありますが、住宅やビルの外壁にも防水対策は必須なのです。
それはいったいなぜでしょうか?
そこで今回は外壁の防水対策についてご紹介しましょう。
ビルや住宅の外壁はモルタルやコンクリートですが、素材自体に防水効果があるようなイメージがありますね。
でもそれは誤ったイメージなんです。
これから家を建てるという方や、「外壁が劣化してきたので修理をしたい」という方はぜひ読んでみてくださいね。

1.外壁に防水対策が必要な理由とは?

この項では、外壁に防水対策が必要な理由をご紹介していきます。
防水対策をしても外壁の見た目に変化はありません。
しかしこれを怠ると大変なことになるんですよ。

1-1.水にぬれた外壁は劣化が早まる

コンクリートなど外壁に使われる素材は、それ自体が防水効果を持っているというイメージがありますが、それは間違いです。
外壁は、防水塗装や防水シートを張るなどして、初めて防水効果が生まれるのですね。
この防水加工は残念ながら永久的に効果が続くわけではありません。
年月とともに効果は薄れ、やがて防水効果がなくなってしまいます。
無防備になった外壁は、雨が降るたびにコンクリートやモルタルが劣化していくでしょう。
つまり、建物自体の寿命が縮まっていくのです。

1-2.見た目が悪くなるだけではない

古いビルや住宅の外壁に大きくひびが入っているのを見たことがある、という方は多いでしょう。
あれは、外壁の防水機能が低下したため、外壁の中に雨水がしみこんで外壁を劣化させてしまった結果という場合もあるのです。
このようになったら、見た目が悪いのはもちろんのこと、外壁の一部がはがれおち通行人を怪我させてしまう恐れもあるでしょう。
そうなった場合の責任は、オーナーが負わねばならず、多額の賠償金を支払わなくてはならないかもしれません。
また、ビルや住宅の外壁が化粧タイルなどで覆われている場合はその下で劣化が進むこともあり、発見が遅れることも多いのです。

1-3.耐震機能も落ちる

ここ20年の間で、日本では震度6を超える地震が何度も発生しています。
人々の防災意識は高まり、建物も耐震や免震構造のものが増えていますね。
しかし、防水機能が低下し、雨水が外壁から内部に入り込み鉄骨などを腐食させてしまえば、耐震機能も低下してしまいます。
耐震工事をしっかりとしていたはずなのに、地震にあったら大きな被害が出てしまった建物、というのは実は防水機能が劣化していた場合もあるのですね。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!