水性塗料と油性塗料の違いについて

【油性塗料の特徴】

油性塗料はシンナーなどが主成分のため臭いが強く、内装への使用はできません。また、油性塗料独自の保管方法を守る(それぞれの商品の注意書きを参照のこと)必要があります。値段は、水性塗料よりも高くなっているのが特徴です。

【水性塗料と油性塗料を比較すると?】

油性塗料の比べると水性塗料の耐久性は弱く、気温が低い場所では塗装ができません。一方、油性塗料は耐久性に優れ、厳しい環境にも耐えうる性質を持っています。また、塗装のしやすさから建物を守る(耐久性を高める)役割の高い塗料です。

一般的には、油性塗料のほうが水性塗料よりも長持ちする塗料と言われています。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!