水性塗料と油性塗料の違いについて

外壁塗装などに使われる塗料。みなさんは水性塗料と油性塗料の違いをご存じでしょうか?
塗料といっても、それぞれの塗料によって耐久年数などは大きく異なります。ここでは、私たちがあまり知らない水性塗料と油性塗料の違いについて、詳しくご説明したいと思います。

【水性塗料と油性塗料の違いって?】

水性塗料はその名前が示す通り、塗料の主成分は水で出来ています。これに対して、油性塗料はシンナーなどの有機溶剤が主成分となった塗料です。

【水性塗料の特徴】

まず、水性塗料は水が主成分なので内装にも塗装することが可能です。また、臭いが少なくさまざまな場所に使える塗料です。保管方法も特に難しくなく、価格もリーズナブルなものが多いのが特徴です。

【油性塗料の特徴】

油性塗料はシンナーなどが主成分のため臭いが強く、内装への使用はできません。また、油性塗料独自の保管方法を守る(それぞれの商品の注意書きを参照のこと)必要があります。値段は、水性塗料よりも高くなっているのが特徴です。

【水性塗料と油性塗料を比較すると?】

油性塗料の比べると水性塗料の耐久性は弱く、気温が低い場所では塗装ができません。一方、油性塗料は耐久性に優れ、厳しい環境にも耐えうる性質を持っています。また、塗装のしやすさから建物を守る(耐久性を高める)役割の高い塗料です。

一般的には、油性塗料のほうが水性塗料よりも長持ちする塗料と言われています。

【1液型と2液型って何?】

水性塗料はそのまま使える「1液型」となっています。一方、油性塗料は1液型の他「2液型」と呼ばれる混ぜて使うタイプの塗料があります。混ぜるタイプの塗料は一度混ぜてしまうと、その日の内に使い切る必要があるので若干の注意が必要です。

【新しい塗料】

● 弱溶剤塗料〜新しい油性塗料

最近では「弱溶剤」と呼ばれる新しいタイプの油性塗料が出てきています。これは環境に配慮した油性塗料で。臭いも少なく、身体や健康の害も少ない新しい塗料として人気を集めています。

● 耐久性の高い水性塗料が登場

最近はメーカーなどの開発が進み、耐久性に優れた水性塗料が次々と出てきています。性能も油性塗料顔負けのものがあるなど、塗料として選べる種類も豊富になってきました。

【どの塗料を選ぶか?】

みなさんも外壁塗装などを依頼される場合は、水性塗料と油性塗料、どちらが建物にふさわしいのか、リフォーム・施工会社としっかり打ち合わせや相談を行ってください。コストなどの面も使う塗料によって大きく変わってきます。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!