塗装前に知っておきたい塗料の種類と特徴!6つご紹介します!

その4:フッ素系塗料

フッ素系塗料は高級グレードの塗料です。
塗料の寿命が長く耐久性に優れているのが特徴で、種類によっては20年近く塗替えが必要なくなる場合もあります。親水性のある塗料なので表面の汚れをしっかり防止することができ、美しい外観を保つことができますよ。
フッ素系塗料は「東京スカイツリー」の塗装にも使用されています。

その5:無機系塗料

無機系塗料とはガラスを塗料に混ぜ込んで作られた塗料です。塗膜が固く高い耐久性があるため、屋根などの過酷な環境で使用されることが多い塗料ですよ。
耐久年数は10年から15年程と言われています。

その6:光触媒

光触媒というのはセルフクリーニング効果のある塗料です。
太陽光や雨の力で外壁や屋根をキレイにすることができ、太陽のエネルギーを使って汚染物質を分解し家の周りにある空気をキレイにすることができます。環境にやさしい塗料ですね。
コストはかなり高めですが、その耐用年数は20年以上とかなり長いのが特徴です。日当たりの良い家にオススメの塗料です。

いかがでしたか?

この記事では塗装に使われる塗料の種類と特徴を6つご紹介致しました。
塗装に使われる塗料は日々進歩しています。あなたの家に合った塗料を選ぶことが大切ですよ。自宅の塗装や管理しているビルの塗装を計画中なら、使用する塗料について業者と良く話し合ってくださいね。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!