塗装前に知っておきたい塗料の種類と特徴!6つご紹介します!

外壁や屋根の塗装に使用される塗料。それは一種類ではありません。
塗装に使用される塗料には様々な種類と特徴があるのです。
だからこそ、塗装に使う塗料選びは大切なんですよ。
あなたも現在、自宅や管理しているビルの塗替えを検討中ではありませんか?
もしそうなら、外壁や屋根の塗装に使われる塗料の種類や特徴について知りたいと思うことでしょう。
そこで本日は、塗装に使われる塗料の種類と特徴を6つご紹介致します。満足できる塗装工事をしてもらうために是非お役立てください。

その1:アクリル系塗料

アクリル系塗料は塗料の中でも一番低価格な物です。耐久年数は5年程度と言われており、環境によっては塗装後3年で塗膜が白くなるチョーキング等の劣化が始まります。
普通のアクリル系塗料は耐久年数が短いため、建物の塗装に使われることはほとんどありません。
しかしながら、最近ではピュアアクリル系塗料と言われるものが登場しています。この塗料は「アクリル系」という名前が付いていますが、普通のアクリル系塗料とは違って耐久性・弾力性・防水性に優れているのが特徴です。耐久年数も10年から15年と比較的長めですよ。
ピュアアクリル系塗料は比較的高価な塗料ですがトータルメリットが大きいというメリットがありますよ。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!