家の印象を決める外壁の仕上げ方法 ~種類と特徴をご紹介!~

サイディング家を風雨から守ってくれる外壁は、住宅全体の耐久性にも関わる大切な要素の一つです。
そして、外壁仕上げの種類によって家の印象はがらりと変わってきます。

今から家を建てる予定のある方は、外壁をどのような仕上げにするのかを決める必要があります。
その時に、外壁仕上げの種類について知っておくと非常に便利です。

ここでは外壁の仕上げの種類とその特徴についてご紹介します。
ご自宅の外壁づくりにぜひ役立ててください。

サイディングの特徴

サイディングとは、工場で生産されたパネルを貼り付ける工法のこと。
安価で施工しやすいため、ここ数十年で広く普及し、種類も増えてきました。

特に裏に断熱材の入った金属サイディングは人気のサイディングのひとつです。

金属サイディングの表面はスチールやアルミ素材が使われており、表面に自由な塗装をすることができます。
塗料は油性塗料・水性塗料のどちらも使用でき、サイディングした後で自分好みの塗装をほどこすことが可能です。

サイディングのメリットは、比較的安価で品質が均一なこと。
断熱性や防水性に優れ、耐震性にもすぐれた商品が普及しています。

ただし、金属製のサイディングはさびや腐食に弱く、変形しやすいというデメリットもあります。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!