家の印象を決める外壁の仕上げ方法 ~種類と特徴をご紹介!~

サイディング家を風雨から守ってくれる外壁は、住宅全体の耐久性にも関わる大切な要素の一つです。
そして、外壁仕上げの種類によって家の印象はがらりと変わってきます。

今から家を建てる予定のある方は、外壁をどのような仕上げにするのかを決める必要があります。
その時に、外壁仕上げの種類について知っておくと非常に便利です。

ここでは外壁の仕上げの種類とその特徴についてご紹介します。
ご自宅の外壁づくりにぜひ役立ててください。

サイディングの特徴

サイディングとは、工場で生産されたパネルを貼り付ける工法のこと。
安価で施工しやすいため、ここ数十年で広く普及し、種類も増えてきました。

特に裏に断熱材の入った金属サイディングは人気のサイディングのひとつです。

金属サイディングの表面はスチールやアルミ素材が使われており、表面に自由な塗装をすることができます。
塗料は油性塗料・水性塗料のどちらも使用でき、サイディングした後で自分好みの塗装をほどこすことが可能です。

サイディングのメリットは、比較的安価で品質が均一なこと。
断熱性や防水性に優れ、耐震性にもすぐれた商品が普及しています。

ただし、金属製のサイディングはさびや腐食に弱く、変形しやすいというデメリットもあります。

吹きつけタイル(中粒)の特徴

現在も住宅の仕上げとしてよく見られる仕上げ法の一つです。
練り物の素材(タイル)を外壁に吹きつけて凹凸をだし、色つけをして仕上げます。

模様は優しい丸みを帯びた凹凸で、数センチ単位の細かい模様がでます。
メリットは、経年劣化で傷みが出た場合も、比較的簡単に上塗りしてメンテナンスができるということ。
外壁も10年以上経つと劣化してきますから、メンテナンスしやすいというのは大きなメリットです。

デメリットは、上塗り剤の耐久性が低めで、こまめなメンテナンスが必要なことです。

吹きつけタイル(押さえ)の特徴

使用する上塗り剤は中粒仕上げと同じもので、上から表面を押さえたような模様が出来上がるのが押さえ仕上げです。

最も人気のある仕上げ法の一つであり、施工にもそれほど手がかからないというメリットがあります。

メリット・デメリットは吹きつけの中粒仕上げと同じです。
違いはデザイン性の違いのみです。

吹きつけの場合、どちらにするのかは見た目の印象で決めるとよいでしょう。

スタッコ仕上げの特徴

スタッコとは、外壁に合成樹脂やセメント・モルタルなどで吹きつけをほどこした後、コテやローラーで押さえるという工法です。

凹凸は吹付よりも少なめで、スタイリッシュな印象を与えます。
耐久性は吹きつけタイルと同じ程度です。

凹凸はあまり目立ちませんが、表面を触ると粗面仕上げになっているのが分かります。

リシン仕上げの特徴

リシン(アクリル顔料素材)に砂状の原料を混入し、外壁に吹きつけます。
通気性・透湿性に優れている仕上げ法の一つです。

コストが安いというメリットがありますが、防水性に若干劣ることと、耐久性が低めな点がデメリットです。

砂の凹凸感が出やすいため、表面はかなりでこぼこした感じに見えます。
昔は新築の外壁仕上げに広く使われていましたが、今はリシン仕上げよりも吹きつけ仕上げの方が主流です。

今では築年数のたった住宅やアパートなどにこの工法を見ることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
外壁の仕上げの種類についてご紹介しました。
さまざまな仕上げ法がありますから、デザイン性やコスト、耐久性などを考慮して選択しましょう。
家の印象を決める大切な要素ですから、十分な打ち合わせのもと、慎重に選択してくださいね。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!