外壁が家を守る ~外壁サイディングの種類と特徴~

サイディング家の外壁は、風雨から家を守るとともに、建物の強度や寿命にも関わってくる大切な要素です。
見た目のイメージも外壁で決定されると言っても過言ではありません。

最近は一戸建ての外壁で「サイディング」という素材が使われるようになりました。
サイディングとは、ボード状の建材のことで、施工性が高くリフォームにも使われます。

価格面や性能、デザインのバリエーションで他の建材よりも取り入れやすくなっていると言ってよいでしょう。

ここでは、サイディングの種類や特徴をご紹介します。
家を建てる時の参考になさってくださいね。

窯業(ようぎょう)サイディング

窯業(ようぎょう)サイディングとは、セメントや木材などを使用したサイディングのこと。
材料は非金属性で、原料を高熱処理して加工し、ボードを製造します。

窯業サイディングの特徴は、密度が高く、硬くて丈夫なこと、防火性や耐震性・遮音性などに優れていることです。

デザインバリエーションも豊富で、タイル調・石積み調などの製品が作られています。
外観のコーディネートがしやすいせいか、現在、サイディングの種類の中では最も利用されることの多いサイディングの一つです。

最近ではさらに進化した、汚れを防ぐサイディングや親水性コーティングを施したものなどが販売され、さらに高性能なサイディングが作られています。

金属サイディング

金属サイディングは、表面にスチールやアルミなどの金属素材を使ったサイディングのことです。

金属サイディングの特徴は、窯業サイディングよりも重量が軽く、足場を組みづらい個所や高い場所でもサイディングしやすいこと。
見た目はスタイリッシュでとてもシャープな印象を与えるものが多いです。

軽量なので建物に負担がかからず、紫外線に強いという特徴もあります。

木製サイディング

木製サイディングとは、木材を加工して製造されたサイディングのこと。
ナチュラルな木の風合いが出せることで人気があります。

木を使用しているので燃えやすいという特徴もありますが、断熱性能が高く、環境にも配慮したサイディングと言えます。

細かいメンテナンスが必要ですが、木の風合いは見た目にも癒し効果を与えてくれます。

樹脂サイディング

樹脂サイディングとは、プラスチック系の原料を使って製造したサイディングです。

金属サイディングと同じように、軽量で丈夫、耐久性が高いという特徴があります。
燃えづらいので耐火性にも優れています。

建物に負担がかからないというメリットを生かし、リフォームにも多用されます。
既存の外壁に使用できるというのも大きなメリットです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
外壁サイディングの種類をご紹介しました。
サイディングにもそれぞれ特徴があり、風合いや重量も全く違います。
選ぶときはさまざまな要素で検討してくださいね。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!