外壁の劣化を確認するにはどうしたらいい? 3つの手段

外壁家は建てたらそのままずっと住めるというわけではなく、定期的なメンテナンスが欠かせません。
特に外壁は劣化に早めに気付いておかないと、外からの影響が外壁でブロックできず、内部にまで影響が出てくるかもしれません。
早めに劣化に気付くためには、自分自身で外壁の劣化確認の方法を知っておく必要があるでしょう。
ではどうやって劣化に気付いたらいいでしょうか。確認方法をご紹介します。

見た目の変化をチェック

外壁劣化で起こりやすい変化は苔や藻などが発生することです。
外壁の状態がいいときにはほとんど起こるはずがないものですが、外壁の塗装が剥がれてきているときには、苔や藻が発生します。
見た目に色自体も緑色になるので、外壁をいつもチェックしていれば変化に気付けるはずです。
苔や藻を放っておくと範囲がどんどん広がってしまいますから、外壁塗装の劣化だと思って早めに外壁を直しましょう。
また、ひび割れなども見た目でわかりやすい変化です。
ただし、ひび割れが分かりにくい外壁もありますので、こまめにチェックするようにしましょう。
特に盛り上がりまで生じている場合は急いで対応する必要があります。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!