サイディングのメンテナンスに必要な7つのポイント

サイディングは最近建てられる多くの住宅に使用されている外壁材ですよね。
価格が手頃なサイディングボードは家を建てる時のコスト削減に繋がるため人気があります。
あなたの自宅も外壁にサイディングを使っていませんか?
サイディングボードは確かに使いやすい外壁材ですが、定期的なメンテナンスをしないと劣化して剥がれてしまうこともあるのです。自宅の外壁が剥がれてしまうのは致命的な問題ですよね。
サイディングのメンテナンス時期やその方法を知りたいと思いませんか?
そこで本日は、サイディングをメンテナンス時期を見極める4つの方法と、実際にメンテナンスする3つの方法を紹介します。自宅のサイディングを長持ちさせるために是非お役立てください。

サイディングをメンテナンスするタイミングいつ頃?

サイディングをメンテナンス時期を見極めるために、何を基準にすればいいのでしょうか?

  • サイディングを触ると白い粉がつく。
  • サイディングがところどころ剥がれている。
  • サイディングを繋ぐコーキング剤が傷み、ひび割れや抜けが見られる。
  • 前回のメンテナンスから10年以上経過している。

もしこれら4つの内一つでも当てはまるものがあるなら、サイディングのメンテナンス時期が来ているサインです。早めにサイディングをメンテナンスする計画を立てましょう。

どのようにメンテナンスすればいいのか?

サイディングのメンテナンス時期が来ていることが分かったなら、どのような方法でメンテナンスするか考える必要がありますよね。
サイディングのメンテナンス。何を行う必要があるのでしょうか?
3つご紹介致します。

その1:塗装

サイディングのよく知られたメンテナンス方法は塗装です。
サイディングの再塗装をすることによって、サイディング劣化や汚れから守ることができます。塗料の種類によって耐久性が異なるので、どのような塗料を使うのか塗装業者と良く話し合ってください。

その2:張替え

サイディングは板状になっているため、傷んだ箇所を剥がして張り替えることが可能です。
サイディングの劣化が余りにも進んでいる場合は、サイディングの張替えが必要かもしれませんよ。
必要な箇所を張り替えてから再塗装を行うなら、キレイにサイディングのメンテナンスを仕上げることが出来るでしょう。

その3:コーキングの補修

サイディングとサイディングの隙間を埋めているコーキング。この部分のメンテナンスを忘れてはいけません。
コーキングが劣化するとその隙間から雨水が入り込み、壁が腐食して雨漏りなどを起こす原因になります。
サイディングのメンテナンスをする時には傷んだコーキングがないかしっかりチェックし、必要な場合はコーキングの張替えを行いましょう。

まとめ

いかがでしたか?
この記事ではサイディングをメンテナンス時期を見極める4つの方法と、実際にメンテナンスする3つの方法を紹介しました。

サイディングをメンテナンスするタイミング

  • サイディングを触ると白い粉がつく。
  • サイディングがところどころ剥がれている。
  • サイディングを繋ぐコーキング剤が傷み、ひび割れや抜けが見られる。
  • 前回のメンテナンスから10年以上経過している。

メンテナンス方法

  • その1:塗装
  • その2:張替え
  • その3:コーキングの補修

あなたのご自宅では外壁材にサイディングを使用していますか?
もしそうなら、これらのポイントを知っておいてください。ご自宅のサイディングを長持ちさせるために役立ちますよ。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!