コンクリートのひび割れ対策 ~丈夫で美しいコンクリート住宅に~

外壁家や外回りの外壁にひび割れを見つけたことはありませんか?
コンクリートは非常に丈夫で持ちの良い素材ですが、条件によってはひび割れがおこり、強度が下がってしまいます。
ひび割れが進むと壁全体に広がることもあり、雨漏りの原因となることもあります。
小さなひび割れもそのままにしておかず、必ず修復しておきましょう。
ここではコンクリートのひび割れ対策をご紹介します。
家の外壁のひび割れが気になっている方は、ぜひ参考になさってください。

コンクリートのひび割れの原因

コンクリートは収縮する性質があるため、どんな建造物でもひび割れは起こります。
一軒家でも高層ビルでも同じです。
ひび割れがおこる原因は、乾燥による素材の収縮や急激な湿度や温度の変化、それによる収縮などが原因で起こります。
ひび割れが起こると困るのは、防水性が低下してしまうこと。
ひび割れた部分から水が入りこみ、さらなる劣化を招きかねません。
また、漏水の原因にもなります。
もちろん、ひび割れた見た目は美観を損ないます。
一軒家の場合は、美観の低下も大きな問題となります。
コンクリートの住宅では、ひび割れのほかに雨によるシミも美観を損ねます。
築10年ほどたつと必ずシミやひび割れができてくるため、補修が必要です。

ひび割れに最も有効な対策は?

ひび割れの補修方法はその傷み具合によって違いますが、一般的にはひび割れた部分に樹脂などを入れて隙間を埋め、さらに表面をコンクリートで補修します。
補修する際は痕跡が分からないように色合わせしながら行い、補修した場所が分からないようにするのがベスト。
さらに耐候性の高いコーティング剤などを施すと見た目の美しさ・耐久性共にアップします。
うちっぱなしの場合は新築時と比べると築10年ほどの建物は細かいひび割れやシミなどで外観がかなり変わっている場合があります。
こういった補修を細かくしておくことによって、住宅の劣化減少を遅くすることが可能です。
ひび割れた場所だけでなく、壁全体の補修やメンテナンスを考えてみてもいいかもしれませんね。

気象条件によって変わるコンクリートの劣化具合

最近は夏の雨が多くなり、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる急激な雨が降ることも良くあります。
また、1年を通じて暑さ・寒さが分かりづらくなってきており、住宅にとっては過酷な気象条件になってきていると言えるでしょう。
特にコンクリートは雨のシミも劣化も目立つ素材です。
ひび割れた箇所をそのままにしておくのは厳禁!
丈夫なコンクリードだからと放っておくと、一気に劣化が加速してしまいます。
近年は雨が酸化してきていると言われており、コンクリート住宅にはさらに過酷な気象条件になりつつあります。
ひび割れや雨ジミは放置しておくことなく、10年おきぐらいにメンテナンスすることを心がけましょう。

まとめ

コンクリートのひび割れ対策をご紹介しました。
ご自宅のひび割れ対策にぜひお役立てください。
一見丈夫そうなコンクリートですが、10年ほどたつとシミやひび割れが必ずと言っていいほど起きてきます。
定期的なチェックと修復は欠かせませんね。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!