外壁塗装の耐用年数は? 5つの塗料別に紹介!

自宅の外壁。触ると手に白い粉が付く・塗料の剥がれやひび割れが目立つようになっていませんか?

それはそろそろ塗り替え時期が来ている証拠です。早めに外壁塗装を検討しましょう。

しかしながら、「一度外壁塗装するとその塗料の寿命はどれくらいなのだろうか?」と疑問に思う方もいらっしゃいます。あなたはいかがですか?

外壁塗装の寿命は基本的に塗料の種類によって異なります。どんな塗料を使うかは外壁の種類や予算によって異なるので、塗装業者とよく話し合って決めましょう。

とはいえ、外壁塗装をする前に塗料の大まかな耐用年数を知っておきたいと思いませんか?

そこで本日は、外壁塗装に使用される塗料の耐用年数を種類別に5つ紹介します。
外壁塗装を計画中の方は是非参考にしてみてくださいね。

その1:アクリル系塗料

アクリル系塗料はコストが安いことで知られています。

外壁塗装による出費を抑えたい人におすすめの塗料ですが、耐用年数は5年から8年くらいなので頻繁に塗替えが必要になるでしょう。質が悪いアクリル塗料を使用すると3年くらいでチョーキングが起きてしまうこともありますよ。

モルタルや不燃材のサイディング壁の塗装に使われる塗料です。

その2:ウレタン系塗料

アクリル系塗料に比べると紫外線に強く、水をよく弾くという特徴があります。耐用年数は6年から10年程と言われていますが、メーカーによってはさらに長くなるものもありますよ。

板張りやモルタル、不燃性・金属性サイディング壁など幅広く使用できる塗料なので公共物件や工場の外壁塗装、集合団地の外壁塗装に使用されることが多い塗料です。

しかしながら、汚れやすいというデメリットもありますよ。

その3:シリコン系塗料

汚れを防ぎつつ紫外線にも強い。それがシリコン系塗料です。アクリルとウレタンのデメリットをカバーした塗料と言えるでしょう。モルタル壁や不燃性サイディング壁に適した塗料で、耐用年数は8年から15年と比較的長めです。

シリコンの含有量が多い塗料を使用すると、質の良い外壁塗装をすることができます。

その4:フッ素系塗料

フッ素系塗料はモルタル壁、不燃性サイディング壁の塗装に適した塗料です。耐用年数は12年から20年なので比較的長めですね。

シリコン系塗料と同じくフッ素の含有量が高い塗料を選ぶと質の良い外壁塗装をすることができますよ。塗装業者とよく相談してくださいね。

その5:光触媒

光触媒には太陽の光を利用して汚れを浮かせ、雨で汚れを洗い流すという特徴があります。塗装するだけで自宅の壁をキレイに保つことができますよ。耐用年数20年という非常に耐久性の高い塗料でもありますよ。

耐久性が高いため塗料自体の価格は高いですが、維持費削減につながるのでランニングコストをかなり削減することができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
外壁塗装に使用される塗料の耐用年数を種類別に5つご紹介しました。

  • アクリル系塗料:5年から8年
  • ウレタン系塗料:6年から10年
  • シリコン系塗料:8年から15年
  • フッ素系塗料:12年から20年
  • 光触媒:20年

外壁塗装に使用される塗料は種類別にその耐用年数が大きく異なります。どのような塗料を使用するのか塗装業者とよく話し合って決めてくださいね。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!