知っているようで知らない!外壁工事の近所挨拶3つのポイント

挨拶

一軒家を持つと、家のメンテナンスは定期的を行うのは当然のことです。
しかし、いざ外壁工事を始めようとすると、いろいろ考えなくてはならない事が出てくるはずです。
その一つが、外壁工事をする際の近所への挨拶です。
最近は、ご近所とのお付き合いが希薄になりつつあると言われていますが、外壁工事を円滑に進めるためにもご近所への挨拶は、避けることができない事ではないでしょうか?

ご近所へ外壁工事の挨拶をする場合は、いくつかの注意点があります。
「外壁工事をしますから、ご迷惑をおかけします。」ということを伝えたいのですが、それを伝える正しい方法とはどのようなものなのか考えてみましょう。

1. なぜ外構工事前の挨拶は必要なのか?

自分の家の外壁工事をするのに、なぜ近所の人に挨拶をしなくてはいけいないのか、疑問に思う人は少なくないようです。
確かに、自分の家の外壁工事なので、他人の家をいじるわけではありません。(敷地が狭い場合は、了解を得てから敷地内に入らせてもらう場合もある)
しかし、そこで考えなくてはいけないのは、普段見ない人が出入りしたり、普段と違う音や臭いがするということなのです。
また、外壁工事をする際は、高いところで工事することも多く、近所の家の中が見えてしまうこともあります。
事前に伝えることで、近所の人の注意を促すことができるのです。
もし、近所の人が外壁工事を知らずにカーテンや窓を全開していたら、お互い気まずい思いをします。
プライバシーに配慮するためにも事前に伝えるということが大事なのです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!