外壁の漏水対策~雨漏りの原因は?すぐにはじめたい漏水対策!~

雨が降るたびに雨漏りが・・・
そんな状況に悩んでいませんか?
雨漏りし始めるとそこから急速に家が傷みはじめ、いずれは大きな雨漏りへとつながりかねません。
雨が降るたびに不快な思いをするのもつらいですから、雨漏りは早めに対策しておきましょう。
ここでは外壁からの雨漏り・漏水対策をご紹介します。
雨漏りはその家に住む人にとって大きなストレスになります。
家を大きな傷みから守るために、ぜひ参考になさってください。

家の内側からは対策できない?!

漏水がおこると、その家に住む人は「とりあえず応急処置を!」と考えて、漏水場所と思われるところにシートを貼ったり、内側に何かしらの処置を施すと思います。
しかし、家の中の処置はあくまでも応急処置です。
漏水の原因は必ず家の外側にありますから、原因となる箇所をしっかり補修していかないと漏水は防げません。
また、素人の目で漏水の原因をつきとめて対策をするのはほとんど無理と言ってよいでしょう。
小さな雨漏りに見えていても、原因となる外壁の傷みは意外と大きかったりします。
そのままにしておくと傷みは確実にひどくなっていきます。

外壁の漏水対策

家の中からの漏水対策はムリ!
なので、外壁を調べて漏水対策をしていきましょう。
専門の業者にお願いして、まずは漏水箇所を特定していきます。
最近では目視だけでなく最先端のサーモスタットを利用して、家の中の漏水箇所を漏らさず検査してくれる業者もあります。
特定ができたらその箇所を修復していきます。
多くの漏水の原因は屋根ですが、外壁を原因にした漏水も少なくありません。
外壁が原因の場合、たいていの外壁にひび割れが入っています。
目視では大したことのないひび割れでも、奥深くまでひび割れていて防水効果が失われている場合も多いです。

外壁の漏水対策として多いのは「外壁のひび割れ補修」です。
多くの場合外壁にはひび割れが入っていますから、そのひび割れを補修するだけで漏水対策になります。
やっかいなのは下地にまで傷みが来ている場合や欠陥がある場合ですね。
下地が大きく欠損している場合はかなり大きな工事が必要になります。
中には工事の手抜きによって下地の欠陥につながっていることも・・・
そこまでひどい欠損はまれですが、下地にまで欠陥が出ていないかどうかをしっかりリサーチしてもらいましょう。

外壁の漏水対策まとめ

  • 漏水対策は家の中からはできない
  • 家の中にした処置はあくまでも応急処置
  • 外壁が原因の場合、多くの場合はひび割れ
  • 下地に傷みや欠損がある場合もあるので注意!

いかがでしたでしょうか。
漏水対策は素人ではできませんから、少しでも雨漏りし始めたら必ずプロの業者にお願いしてください。
放っておくとかなり大きな傷みにつながりかねませんので、対策は早めにするのが大切です。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!