壁塗り替えの時期はいつなの?最適な時期にメンテナンスを!

築10年を過ぎると、家の壁が何となく薄汚れてきたなぁという印象を持つと思います。
風雨にさらされ、日光を浴び続けた壁は少しずつ劣化していきますし、色も変化していきます。

壁は定期的に塗り替えるのが一番のメンテナンスです。
では、どれぐらいの周期で塗り替えるのがいいのでしょうか。
また、塗り替えにはどんな意味があるのでしょうか。
ここでは壁の塗り替えの最適な時期や塗り替えのメリットなどについてご紹介しましょう。

塗りかえって必要なの?

「家の中はリフォームしたいけど、壁はあんまり興味ないかも・・・」
家の中の利便性を良くすることに集中していると、壁にまで意識が回りませんよね。
しかし壁を塗り替えることには大きなメリットがあります。
一つは見た目がきれいになること。
二つ目は夏の暑さや冬の寒さから守り、紫外線を跳ね返す壁にリフォームできるということです。
特に暑さや寒さから守れる壁になる、というメリットは大きいですね。
光熱費のランニングコストにも直結しますし、家全体の耐久性をのばすことにもつながります。
また、日々新しい塗料が開発されているのでより断熱性が高く美しい仕上がりの塗料に塗り直すことができるのです。
たかが家の塗り替え・・・と思っていても、意外と隠れたメリットがありますので築10年を過ぎたらメンテナンスを視野に入れましょう。
家の外は自分で確認できないところが多いので、必ず専門家にチェックを依頼して。
屋根や壁など全ての面でトータルメンテナンスをするのがおすすめです。

いつ塗り替えるのが最適?

定期的な壁の塗り替えがおすすめ、と言っても壁に使われた塗料や素材によってメンテナンスの時期は多少違ってきます。

外壁の場合は

  • 吹きつけ:5年~10年程度の間
  • サイディング:10年
  • ALCパネル:10年

これぐらいが目安です。
また、この年数が経っていなくても

  • 壁の色つやが悪くなり、彩度が落ち変色してきた
  • 表面に粉がふいてくる
  • ひび割れが出てくる
  • コケが生えてくる
  • 塗料が一部はがれてくる

こういった現象を目視で確認した場合は塗り替え時期が来ているのかもしれません。
直射日光のあたる壁・あたらない壁で傷みの進み具合は違います。
特にひび割れや粉吹きが見られるようになったら一度専門家にチェックしてもらいましょう。
塗料がはがれ始めたらかなり傷みが進んだ証拠です!
必ず塗り替えすることを前提に、専門家のチェックを受けましょう。

いかがでしたでしょうか。
たかが壁の塗り替え・・・と思っていたら大間違い!
塗ると塗らないでは未来に大きな差が出てきます。
光熱費を下げるためにも、壁の塗り替え時期・メンテナンスを丁寧に行っていきましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!