その時期はいつなのか? 外壁リフォームの適切な時期を見分ける方法

あなたは今、ビルやマンションの外壁リフォーム時期について悩んでいますか?
ビルやマンションの外壁は、外観に大きく影響を与えます。
ですから、オーナーのあなたとしては常にきれいな状態にしておきたいですよね。
しかし、外壁は24時間365日雨や風にさらされています。
何もしないでおくと外壁はどんどん劣化してしまうので、定期的に外壁リフォームをしなければなりません。
問題はその時期ですよね。
そこでこの記事では外壁リフォームの時期を見極めるポイントをご紹介致します。

ポイント1:外壁の色がくすんでいる。触ると白い粉が付く。

外から外壁を見た時に、「なんだか色がくすんでいるなぁ」と感じますか?
これは外壁の劣化によって光沢が失われ始めた時に見られる症状です。
外壁を触ると白い粉が手に付きますか?
これは「チョーキング」といって、外壁の塗装が劣化して粉のようになっている状態なのです。
これらの症状は外壁劣化の症状として比較的最初に起こります。
ですからこれが、外壁リフォームの最適な時期なのです。

ポイント2:外壁のコーキングが劣化してきた。

外壁の継ぎ目に打ってあるコーキングがひび割れて劣化していませんか?
外壁にこんな症状が見られるなら、外壁の劣化が中レベルまで進んでいる証拠です。
外壁のコーキングが劣化するとその隙間から水が入り雨漏りをする原因となります。
外壁が剥がれてしまう原因にもなるでしょう。
ここまで劣化が進んでしまう前に、外壁リフォームを行なう必要があります。

ポイント3:外壁が浮き上がる。

自宅の外壁で浮き上がっている所がありますか?
これは外壁の劣化がかなり進んでいる状態です。
もしタイルを使った外壁がこのような状態になると、タイルが剥がれ落ち、下を歩いている人に当たって怪我をさせる原因になるためとても危険ですよね。
タイルを使用していない外壁も、剥がれ落ちてしまうことは十分考えられます。
「外壁が浮き上がる」「外壁のタイルが剥がれそうになっている」という場合には、緊急で外壁リフォームを依頼しましょう。

いかがでしたか?
外壁リフォームの時期が来ていること見極めるポイントは3つあります。

  • ポイント1:外壁の色がくすんでいる。触ると白い粉が付く。
  • ポイント2:外壁のコーキングが劣化している。
  • ポイント3:外壁が浮き上がる

外壁リフォームの最適な時期は、ポイント1の状態が見られる時です。
ポイント1の状態が見られるならなるべく早く外壁リフォームを依頼しましょう。
ポイント1の症状があまりひどくなくても、定期的に外壁をチェックしていると、ポイント2やポイント3の症状が見つかることがありますよね。
それはとても危険な状態なので、速やかに外壁リフォームを依頼することが必要です。

「オフィスチャンプ」は、マンションやビルの外壁塗装やコーキングの張替え、外壁の補修などに関して沢山の経験を持っています。
外壁リフォームでお悩みなら、是非お気軽にご相談ください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!