こんな家は要注意! 外壁の塗り替え時期の目安とは?

塗り替え時期普段、意識することの少ない外壁ですが、日頃から雨風や紫外線などにさらされており、実はかなりのダメージを受けていることも少なくありません。外壁の塗装が痛んでしまうと「雨漏りの原因となってしまう」「家の寿命が落ちてしまう」というほど、住宅にとって重要な役割を持っています。

一般的に外壁の塗り替えの目安は10年と言われていますが、外壁をチェックして以下のような症状が見られる場合はすぐに外壁の塗り直しや補修を検討したほうがよいでしょう。

  1. 外壁にひび割れがある
  2. 塗装の浮き・剥がれが見られる
  3. サビやコケがある
  4. 腐食している部分がある
  5. まとめ

1.外壁にひび割れがある

外壁のひび割れを放置してしまうと、ひび割れから雨水や湿気が侵入し、最悪の場合、木が腐ってしまい外壁そのものの取替えが必要になってしまうことも・・・。「雨漏りしていないからまだ大丈夫」と安易に考えずに、早めに対策を打つ必要があります。

2.塗装の浮き・剥がれが見られる

塗装の浮き・剥がれが見られる場合は、塗装の耐久性が無くなっていることが考えられます。こちらも放置しておくと水が浸透し外壁そのものが痛んでしまいます。最初は一部分だけと思っていても、いずれ別の箇所にも同様の症状が現れる可能性が高いです。

3.サビやコケがある

外壁にサビが発生している場合、その部分から腐食が広がり、穴あきや水漏れの原因となってしまいます。またコケは塗装の防水性が落ちてくると発生するため、コケが発生しているということは防水性が落ちているサインでもあります。放置してしまうとカビの発生にも繋がりますから、早め対処しましょう。

4.腐食している部分がある

腐食している部分がある場合は、放置してしまうと家そのものの寿命にも関わります。そのまま放置してしまうと腐食が柱や構造にまで広がり、最悪の場合、家が崩れてしまうという危険も・・・。早めに腐食箇所の改修工事を行う必要があります。

5.まとめ

いかがでしたか?たかが外壁と放置してしまうと家そのものが危ないということがわかっていただけたと思います。定期的に外壁の状態をチェックして、安心して暮らすことのできる住宅をキープしたいものですね。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!